fee弁護士費用

弁護士費用の種類

ご依頼いただいた後に発生する、弁護士の費用には、以下の種類があります。

相談料

法律相談をする際にいただく費用です。
料金は、30分5,000円(税別)です。zoomを利用したリモート相談の場合は無料です。
法律相談について詳しくは法律相談ページをご覧ください。

着手金

弁護士が事件のご依頼を受ける際に、最初にいただく費用です。
以下の報酬金と異なり、結果の如何にかかわらず発生します。

報酬金

受任事件の成功の程度に応じて、事件終了時にいただく、いわゆる成功報酬です。
成功報酬の額は、主に経済的利益の額を基準に定めます。
経済的利益とは、相手方より獲得できた利益または相手方の請求から減らすことができた部分を指します。

手数料

当事者間に実質的な争いのないケースでの事務的な手続きを行う場合に発生する費用です。例えば、契約書や遺言などの書類の作成などがあります。

実費

ご依頼を受けた事件の事務処理を行う上で発生する費用です。例えば、訴訟提起する際の印紙代や切手代、振込手数料、交通費、コピー代などです。

日当

依頼された事件で、弁護士が裁判所など、事務所外に出向いた場合にかかる費用です。

弁護士費用の目安(税別表記)

以下は、当事務所における一般的な費用の目安です。
具体的な弁護士費用につきましては、お客様に安心してご依頼いただけるよう、ご相談内容を踏まえて、正式にお見積りを差し上げます。お見積りをご覧になって、ご依頼いただかなくても、勿論構いません。お見積りまでは、相談料以外費用はかかりませんので、ご安心ください。

離婚事件

(1)交渉段階

着手金25万円~
報酬金・離婚が成立した場合 25万円~
・経済的利益の12%~

(2)調停段階

着手金25万円~
ただし、交渉段階よりご依頼いただいている場合は、それまでの業務量に応じてお値引きいたします。
報酬金・離婚が成立した場合 25万円~
・経済的利益の12%~
期日日当1回2万円~

(3)訴訟段階

着手金30万円~
ただし、調停段階よりご依頼いただいている場合は、それまでの業務量に応じてお値引きいたします。
報酬金・離婚が成立した場合又は離婚請求を阻止した場合 30万円~
・経済的利益の12%~
出廷日当1回2万円~

交際解消事件

着手金25万円~
必要となる事案は多くありませんが、裁判所に接触を禁止する命令を出してもらう場合(接近禁止の仮処分)等、法的手続が必要となった場合には、別途お見積りとなります。
報酬金交際解消の合意ができた場合 25万円~
ただし、明確な合意成立に至らない場合でも、ご依頼後に沈静化した場合(相手方より連絡がなくなった場合)は、報酬金が発生します。

相続

(1)遺産分割交渉・調停・審判

ア 遺産分割交渉

着手金20万円~
報酬金経済的利益の5~12%
ただし、最低金額を25万円とします。
日当・都内の場合 1回2万円~

イ 調停・審判

着手金15万円~
報酬金経済的利益の5%~12%
ただし、最低金額を25万円とします。
日当・調停の期日につき 1回2万円~
・そのほかの場合  1回2万円~

(2)遺留分侵害額請求

ア 交渉

着手金20万円~
報酬金経済的利益の5~12%
ただし、最低金額を25万円とします。
日当・都内の場合 1回2万円~

イ 調停・訴訟

着手金15万円~
報酬金経済的利益の5~12%
ただし、最低金額を25万円とします。
日当・調停期日につき 1回2万円~
・そのほかの場合 1回2万円~

(3)遺言書の作成

手数料15万円~
公正証書遺言の場合、公証人に支払う手数料等が別途発生します。

後見

(1)成年後見開始の審判申立

着手金20万円~
報酬金0円
後見開始の審判がなされた場合でも、報酬金はいただきません。
日当1回2万円~

(2)任意後見契約の締結

着手金20万円~
報酬金0円
日当1回2万円~

債権回収

(1)ゴルフ預託金

着手金5万円
交渉から訴訟に移行した場合でも、追加の着手金はいただきません
報酬金経済的利益の16%~

(2)一般的な債権回収

着手金 内容証明作成のみ3万円~
交渉段階5万円~
(紛争性の高いケースは20万円~)
支払い督促申立10万円~
訴訟提起15万円
(紛争性の高いケースは20万円~、交渉段階から受任している場合は、それまでの業務量に応じてお値引きいたします。)
仮差押15万円~
強制執行の申立10万円~
報酬金 経済的利益の10~16%
この場合の経済的利益は、合意できた金額や、判決等で認められた金額ではなく、実際に回収できた金額を前提に計算します。
日当 1回2万円~

内部通報

月額1万円~
法人の規模や通報件数によって変更させていただきます

患者様・飼い主様との医療トラブル

医師賠償、歯科医師賠償、獣医師賠償責任保険に加入されている場合には、保険によって弁護士費用がカバーされる可能性があります。その場合、以下の弁護士費用は実費含め、一切かかりません。

(1)交渉

着手金25万円~
報酬金合意ができた場合 25万円~
ただし、明確な合意成立に至らない場合でも、ご依頼後に沈静化した場合(相手方より連絡がなくなった場合)は、報酬金が発生します。
日当1回2万円~

(2)調停(裁判外紛争解決手続(ADR)含む)

着手金25万円~
交渉段階から受任している場合は、それまでの業務量に応じてお値引きいたします。
報酬金合意ができた場合 25万円~
ただし、合意に至らずに調停が不成立となった場合でも、ご依頼後に沈静化した場合(相手方より連絡がなくなった場合)は、報酬金が発生します。
日当1回につき2万円~

(3)訴訟

着手金30万円~
交渉・調停段階から受任している場合は、それまでの業務量に応じてお値引きいたします。
報酬金経済的利益の10~16%
ただし、最低金額を25万円とします。
日当1回につき2万円~

債務整理

(1)任意整理

着手金債権者1社につき 2万円
報酬金・合意成立 1社につき2万円
・経済的利益の10~16%
日当1回につき2万円~

(2)破産

着手金・個人自己破産 20万円~
・法人破産   事件の規模並びに 事件処理に要する執務量に応じ協議
報酬金・個人自己破産 20万円~
・法人破産   0万円

(3)個人再生

着手金20万円~
報酬金20万円~

(4)過払金返還

着手金0円
報酬金経済的利益の20%
訴訟を提起している場合は25%

契約書・合意書・内容証明郵便の作成

手数料・契約書、合意書 5万円~
・内容証明郵便  3万円~

顧問契約

月額2万円~

刑事事件

(1)被疑者段階(起訴前の弁護)

着手金25万円~
報酬金不起訴や略式起訴により罰金で終わった場合などに発生します。
25万円~
接見日当応相談

(2)被告人段階(起訴後の弁護)

着手金25万円~
被疑者段階から受任している場合は、それまでの業務量に応じてお値引きいたします。
報酬金検察官の求刑より減刑された場合に発生します。
25万円~
接見・
出廷日当
1回2万円~
上記(1)(2)のほか、①保釈申請等により、釈放された場合、②被害者と示談が成立した場合には、別途報酬金が発生します。

(3)刑事告訴

着手金25万円~
報酬金告訴状が捜査機関に受理された場合に発生します。
25万円~
日当1回2万円~