cases解決事例

離婚問題

離婚調停を申し立てられた夫から依頼を受け、慰謝料なしの離婚調停が成立した事例

事案の概要

お客様は、夫婦喧嘩が絶えなかったところ、ある日、妻が子供を連れて家を出て行ってしまい、妻から慰謝料を求める離婚調停を申し立てられました。
お客様は、離婚自体は応じる考えでしたが、慰謝料を含めた離婚条件について、適正な条件で離婚したいとのことでした。

結論

妻の希望する離婚条件は、養育費や財産分与について、適正額を上回るものでしたので、源泉徴収票や預金通帳といった資料を提示し、適正な養育費や財産分与の額を取り決めました。
妻は、離婚するうえで、慰謝料の支払いを強く求めましたが、夫は不貞をしたわけでも、DVをしたわけでもなく、慰謝料の発生原因となるような事実はありませんでしたので、こちらも慰謝料の支払いを拒否する姿勢を強く打ち出しました。
すると、調停委員会も慰謝料については、妻側を説得し、最終的に、慰謝料の負担のない条件で、調停離婚をすることができました。