cases解決事例

離婚問題

有責配偶者でしたが、離婚訴訟を提起し、和解離婚できた事例

事案の概要

離婚の前に、女性と交際を始め、交際相手の女性と再婚したいというお客様のご相談がありました。
妻には、不貞行為のことも知られており、妻は、女性に対して、慰謝料請求訴訟を提起していました。

結論

夫婦の同居中などに不貞行為を行い、婚姻関係を破綻させたことに責任のある配偶者は「有責配偶者」といわれています。有責配偶者からの離婚請求は、判例上、認められる条件が限られています。
このケースでも、離婚協議や離婚調停を行いましたが、妻側は離婚拒否の姿勢を示され、仮に離婚に応じるとしても、到底実現できないような条件が提案されるだけでした。
しかし、すでに夫婦関係が破綻していることは目に見えており、戸籍だけの夫婦関係を続けることが望ましいとは考えられなかったため、敗訴を覚悟して離婚訴訟を提起しました。
訴訟でも、妻は離婚を拒否し続け、手続きは本人尋問まで進みました。そして、妻も、離婚したい理由を裁判官に話す夫を直接目の当たりにし、離婚に応じる姿勢を示すようになりました。
そこで、裁判官の指揮のもと、離婚条件について話し合い、できるかぎりの金銭的な支払いを行う離婚条件を提案し、和解離婚を成立させることができました。