cases解決事例

医療法務【獣医師】

著しい診療業務の妨害に関する事例

事案の概要

 患畜の食欲不振で来院されました。
 食欲不振の原因を特定し、処置を行いましたが、回復がみられなかったことから、飼い主より、獣医師の処置が原因ではないかと主張され、さらには、勝手に処置をされたとまで主張されました。その過程で、飼い主は何度も病院に来ては、獣医師を大声で罵倒し、院内に居座わり、退去しないという行動までみられたことから、対応に困りご相談にいらっしゃいました。

結論

 緊急性のある事例であったことから、取り急ぎメールにて、連絡窓口を弁護士とする旨の通知を送りました。
 また、弁護士より改めて処置に問題はなく、それが食欲減退の原因ではないことを説明するとともに、業務妨害は犯罪行為であることも指摘する通知を送りました。
 飼い主からは弁護士に連絡があり、ご自身の不安な思いから、行き過ぎた行動をとってしまったとのお話しがありました。弁護士からは、その気持ちに理解を示しつつも、業務妨害の程度が著しく、信頼関係もなくなってしまっていることから、双方のためにも、今後は他院にて診療を受けた方が良いと思うことをご提案しました。最終的には、飼い主から謝罪の言葉もあり、理解を得ることができ、無事解決に至りました。
 本件のように、治療の結果が出ないときに、精神的に不安定になってしまう飼い主もいます。ただ、そのような方への対応は、仮に処置に過失がなくても、相当の時間と労力を要し、日々の診療業務に影響が出かねません。そういった事態を避けるためにも、こういったトラブルに際しては、早期に連絡窓口を弁護士とすることをお勧めします。