cases解決事例

医療法務【獣医師】

避妊手術中に患畜が死亡し、飼い主とトラブルになった事例

事件概要

 若年の犬の避妊手術にあたっての事故の事例です。

 術前の検査でも問題はなく、麻酔のリスクに関する同意書の交付も受けて手術を実施しましたが、手術中に心停止に至り、死亡しました。

 獣医師からは考えられる原因を説明するも、飼い主からは謝罪を要求されるとともに、何度も来院して罵倒され、金銭を要求する発言などもあったことから、ご自身では対応できないとのことで、ご相談にいらっしゃいました。

結論

 弁護士より急ぎ、連絡窓口を弁護士にする内容証明郵便を飼い主に送付しました。

 内容証明郵便では、弁護士より改めて、お悔やみの言葉を伝えるとともに、術前の検査にも術中のモニタリング、蘇生にも問題はなかったこと、麻酔による事故を完全に防ぐことは困難であることなどを、ペットを失った飼い主の心情にも配慮し、丁寧にご説明しました。

 その結果、飼い主から動物病院への接触は一切なくなり、鎮静化して、事件としては、早期に解決しました。

 本件のように、獣医師から説明を行ったとしても、当事者同士ですので、感情的になり、冷静な話し合いが困難な事例があります。このような場合、弁護士を介入させることで、より一層紛争が激化するのではないかとご心配される獣医師の先生方もおられますが、決して最初から対決姿勢で向き合うわけではなく、あくまで丁寧な説明を心がけますので、この事例のように鎮静化に向かうことが多いです。

 また、本件では同意書をとってはいましたが、口頭での説明をより丁寧に行っていれば、トラブルは避けられていた可能性があり、書面だけでなく、口頭での説明も非常に大切であることを実感させる事例といえます。