columnコラム

獣医師

オーナー様とのトラブル⑪~未収金回収(5)~

弁護士 小島梓

 動物病院における未収金の特徴は,その金額が比較的少額であることにあります。そのため,前回のコラムにてご紹介したように,弁護士に依頼するメリットはあるものの,費用面の問題があり,依頼することを躊躇されていた先生も多いかと思います。

 そこで,今回は,少額の未収金回収でも比較的依頼していただきやすい当事務所のサービスについてご紹介させていただきます。

(1)弁護士名の内容証明送付
 当事務所では,弁護士名での内容証明郵便による催促だけであれば,比較的低額でお受けしておりますし,その件数如何では,さらに金額をお値引きすることも可能です。

 そのため複数件の未収金案件を抱えておられる動物病院においては,弁護士名での内容証明発送をスポットでご依頼いただく価値もあるかと思います。

(2)顧問契約
 当事務所では月額2万円からの顧問契約のコースをご用意しておりますところ,月額2万円の顧問契約を締結していただければ,着手金はいただかず,郵送代等の実費と回収できた金額より報酬をいただくのみとなりますので,仮に回収ができなかった場合でも,先生方の持ち出しは実費程度となりますので安心してご依頼いただくことができます。

 しかも,顧問契約には他にも様々なサービスがあり,未収金の予防に関するアドバイス,ご自身での未収金管理システム構築のお手伝いなども行うことができますので,未収金でお悩みの先生は是非一度お問合せいただければと思います。

 このように,未収金については少額とはいえ,積み重なりますと,大きな問題になりかねません。お悩みの場合は,これを機に一度,ご相談いただければと思います。

 次回以降,最近増えてきている,トリミングにかかわるペットオーナーとのトラブルの予防,対応方法などご紹介していきます。