columnコラム

裁判例 離婚

年金分割に関する裁判例~令和元年8月21日大阪高等裁判所決定

弁護士 幡野真弥

 夫婦が離婚した場合の、年金分割の合意について、以前、コラムを書きました。
 https://www.owls-law.com/2020/06/851/

 年金分とは、かんたんにご説明すると、婚姻期間中の年金保険料を書き換える手続きです。
 財産分与が、別居時点の財産を分け合う手続きであることと異なり、年金分割は別居時点までではなく、婚姻の全ての期間が対象になります(別居までではなく、別居してから離婚成立までの期間も含み、対象となります)
 年金分割の按分割合は、0.5ずつとなる事が多く、按分割合を修正した裁判例はありますが、例外的なケースです。
 令和元年8月21日大阪高等裁判所決定では、同居期間約9年、別居期間約35年というケースでも、年金分割の按分割合は0.5ずつと判断されています。
 年金分割の按分割合は、争うことが難しいといえるでしょう。