columnコラム

男女

不倫相手の配偶者から慰謝料請求されたとき①~ご自身による不適切な対応~

弁護士 小島梓

 慰謝料請求通知は,通常,不倫相手の配偶者本人,もしくはその代理人弁護士から,突然,送られてきます。多くは書面ですが,メールや口頭の場合もあります。

 このように慰謝料請求通知が突然届く上,不倫をしていた事実自体に身に覚えがある場合,多くの方は自分の家族に知られたくない,穏便に終わらせたいという思いもあり,焦ってしまいます。
 その結果,残念ながら,初期の段階で,ご自身による不適切な対応をしてしまうことになり,解決までに余計に時間や費用が掛かってしまうということが珍しくありません。

 そこで,本コラムにおいては,慰謝料請求の通知を受け取った時に陥りがちな良くない対応を指摘させていただくと共に,なぜそれがリスクを伴う対応なのかをご説明し,実際にはどのように対応いただくのが良いのかをご紹介していきたいと思います。

 今回は,初期段階のご自身による対応で避けていただきたいことをご紹介します。

①期限を気にして焦って回答する
 慰謝料請求の通知,特に相手方に代理人がついていますと,回答期限が付されていることが通常です。
 そのため,その期限までに結論を出さなくては,回答しなくてはと考えてしまい,ご自身で,良く考えずに結論を出して回答される方がいらっしゃいます。
 もちろん,回答期限までに回答できるのが一番良いのですが,結論まで出せないときには,考えているのでもう少し時間をください等の対応でよい場合もあります。
 ただし,状況次第というところはありますので,期限までに余裕のある段階でご相談いただければと思います。

②謝罪や無理な金額の支払い約束をする
 突然の慰謝料請求通知に驚き,相手方本人もしくは代理人に連絡をして,とりあえず謝罪をしたり,事実と違うことまで認めてしまったり,払う視力もないのに高額な慰謝料を支払う約束をする誓約書に署名押印をしてしまうという事態になっていることが珍しくありません。
 実は,このような対応は実際に不倫をしていた事実があるとしても大変リスクのある行為です。

 次回は,この行為に伴うリスクの具体的な内容についてご説明したいと思います。