columnコラム

獣医師

動物看護師について⑥~「動物看護師」という名称~

弁護士 小島梓

 今回は「愛玩動物看護師」という名称にフォーカスしてご紹介します。罰則も設けられていますので,ぜひ一度,ご確認ください。

 まず,愛玩動物看護師法では,愛玩動物看護師でない者は、愛玩動物看護師又はこれと紛らわしい名称を使用してはならない(第42 条)と規定されております。
 紛らわしい名称としては,「動物看護師」もしくは「認定動物看護師」というように,現在一般的に使用されている名前も該当する可能性があります。そのため,基本的には,今後,愛玩動物看護師の資格を取得していない者は「動物看護師」という文字が含まれる名称は使用できなくなる可能性がある状況です。

 では,いつから使用できなくなるのでしょうか。
 この点については,基本的に,愛玩動物看護師法施行後(現在未施行,令和4年6月までに施行される予定)から使用できなくなるのですが,名称使用については,さらに経過措置というものが定められております。いわゆる,皆様の準備期間とお考え下さい。
 具体的には,愛玩動物看護師法施行後,6ヶ月を経過した時点から適用されるということになっておりますので(附則第6条),6ヶ月後から「動物看護師」と名乗ることができなくなることが予想されます。

 さらに,この名称使用については,罰則が設けられています。
 愛玩動物看護師法42条の規定に反して,愛玩動物看護師又はこれに紛らわしい名称を使用した者は,20万円以下の罰金が科されることになっています(第48条2号)。
 動物病院において気を付けていただく必要がある具体的な場面としては,スタッフの名札への記載,HPのスタッフ紹介における記載等になるかと思われます。

 早めに,スタッフへの周知,準備を始めていただくことで混乱が防ぎやすくなりますで,ぜひ一度院内で周知の機会を設けていただければと思います。

 次回は,愛玩動物看護師の免許,国家試験,その受験資格等についてご紹介したいと思います。